2005年09月27日

覚悟とイキオイとビートルズ

きめてかかるのはやめたいと思う

なにもわからないな
あたいなにもわからないよ

ただやっぱりわかったふりやポーズを決めてからかかるのはいやだなあ たぶん

私は書くものも描くものも私の体も全部で


ただ在るだけだなあと思います。

判定、というのが怖くて右往左往だけど

いやだな

と思う

きっとずっと怖いしダメージだ

あきらめないし

お前なんか死んでしまえばいいと思って解決するのはなんかイヤなので

私がステキになれればいいな



思ってることを書くのも言うのも自由だけど

公表しているということで人に心配や迷惑をかけたりするのかな

なんかむかつくなあとか


だったらごめんなさい、てか、人ってそんなにやさしいのかと思う


傷付いてますダメージを受けてますとトロして且つ素敵なストリップを全身全霊完成できればいいのにね、

多分イメージとしてそれはかっこよさそうで理想的

なりたいね


でも一度のステージ以外でも私の日常はあり

ねがわくばもっとひとつになればいいのに



あたいはいろんな意味で資格がないと感ずる

でもやりたいなあと素朴に思う


それだけです
結局この私は在るだけだと思う


そしてこのはなしはおもしろみがないことも知ってる


だからもっと本当の意味で強くなりたいよ
posted by nico at 22:01| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月25日

おはよんぴ

はてはて
寝たよーえへへ

中日に初だししたい希望ですが
無理かもしれないわ
できないわ

あは
あはは
えへへ

でもよく眠れてよかったどす

まあ日々お勉強だわいやと思います、

今やってるのはほんと数えきれないくらいやったものだけど


まだまだ全然すきです


でも他のも出せるよう

善処します


情けないがおちても時間の無駄なので(多分) わがままにマイペースを
します

やっぱ明日は無理かな怠け者のレッテルでもイタクないくらい強くなりたいです。

posted by nico at 18:43| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月24日

泣いた

こりから アレやんなきゃ しかし ところで

私は踊り子さんなのに劇場にのるより文章ばかり書いてるみたい

情けないや あはは

でも コレだからこうでなければならない ていう考え方が ただ苦手

でもステージに全部出せないから こう 書いてしまうのやも

だから そう そのとおり

あるべきとかしなきゃいけないとか

話が難しくてよくわからない

でもわからなきゃ大人じゃないしかっこわるいー

けへへ

そもそも社会生活
×
×

か。

ちぇ。




ところであたいはいや私は自分のからだ好きかどうか昔よりは好き

生活ちゃんとしてるかってあんまし

全然

すごい甘い物ぐわっと食いたくなる

生活やらステージのことのペースがうまく使えてないから

処し方がうまくない


ところで実は例えば恋人あなたの恋人はあなたのどこがどういうふうに好きですか

ルックスなんパーセントしぐさとか声とかあるいは心なんてごたいそうな意見


なにかを失ったらもう好きではないって

ひたすら悲しい
つまる・胸が

自分もそうかもしれない

一番恐ろしいのは
何を失っても好きだよと、

正体のない思い込みを持つこと


悲しくて仕方がない


だったら今だけ性欲高いからねんごろになろうよとか
若いから好きだ
太ってるから好きだ
痩せてるから好きだ
年取ってるから好き

そんなくだらないけどわかりやすいリアリティのあることのほうがいい


でもいやだ

〜だから素敵
じゃなくて
ただステキ


綺麗とか可愛いからいいとか刷りこみの概念

胸がイタイの



ねーやらねば
胸の中から邪心よさようなら、したい、


て、はい、はじめなければだってねむい


ほんとうにほんとうに必要とかとにかくすてきなことを


一度だけでも完全に為し得てみたい
胸が痛くなるさ



悲しい悲しい

で、
悲しいのは嫌だ
posted by nico at 02:07| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旅ならば

最近やけのやんぱちでも

ぶっつぶしてやるでもないんだよ

例えば私は私のうけた教育もすべて教えて貰ったことも含め

検証するたびである
かもしれない



ひとにいわれたからしってるからの素晴らしいことで本当に私はここちよいの?



needとかyesとか理想なんだよ

例えばジョンレノンのパブリックなイメージ

素敵ですよね


しかし騙されていないかと

利用していないかと思う

でも多数が彼のloveあんどpeaceに賛成なら


ひとってすごいなあ
と思う

自然に自発的にひとはそれに賛成だといい


おおまかな意味で
posted by nico at 01:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月23日

ななゆき☆ざ☆かすば

むっ
イギーポップを聞いてたら眠気がきたよ
なんて鈍感な…

ロックザカスバのプロモ好きだな

昨日ひさかたぶりに?
おうちに帰った よ

今晩が勝負ですとか書いとかないと
とかいって

朝 線路ぞいを歩く
趣味 運動 きもちかった

ダブルのステージってあまりやったことないし すごく難しいなあ

ぶんぶんぶんだ。

あたい という 一人称について

あたし ってのがあんまり好きではない

しかし あたいってのも

わざと らしいな
私 でいんだけどさ。

旅に行きたいなひとりでいってかんきわまって踊っちゃうとかないかな


女の子だけ知ってることなんてないよ

でもきっとここちよいんだね

私のことは私しか知らない

って知ってる?って私は貴方でもあってさ

それを本当に感じるとなにか少し近くなる気がする


寂しい心細い
とか心がイタイのもどんどん怖くなくなるのさ

それじたいが寂しいのはセンチメントでしょう

やはりいつも

手が手が本当に欲しい

手に触れたい

誰の?とかじゃなくて

言葉が頭の中にある

失った
私は失っていると思う


ここ半年くらいかな
わかんない

失った

あたいさみしいよ
posted by nico at 21:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月19日

意味なし

意味に価値はあるかもしれないが
感動は無いのでは

とか

さて

家に可愛い犬ちゃんをおいてきぼりにしたり
家に遠い家族をおいたり
劇場でひとをおいていったり

悲しくないけどきゅんとくるような

ストリップも劇場も大好きだよ

なんて書かなくても伝わらなければ

伝わらなければなんて思わなくても伝わらなければ

だから嘘っこぽいかもね
だから嘘つきが私かもしれません

でも恋してた気持ちは絶対にきっと完全に消えてしまわないのかもと思う
ずっとずっとそれはどこにいくのかなと不安だった

ただ残そうとしなくても残るんだって感動したよ。

しかし目の前にある問題はちゃんと見なければいけないね。
でも多分意地なんてほんとはいらないんじゃないかな。



posted by nico at 21:58| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月13日

真のマイペース

自分のペースで、て非常に難しいことだ。
きめる
ことができない
しないともいう
きめるには
わけがあり
しかしなっとくしていないと
自分が向かない
人にのせられたりイキオイできめるのも
ひとつ学ぶところがあるし重要だが
もうたもてないとかんじたら
やはり向くまでなにかするしかない
なにもしないというせんたくは選びがたい
休むとか怠けるは
はまりやすいしぬけにくいし
だめのレッテルは怖い
letterてスペルなの?
怖いけど仕方ないなと思う
たとえば選んでいってもletterは貼られるし

嫌われたり誤解されるのは恐怖だけど
仕方ないな

未来、そのときのために必要な物を選択し実行できるのが大人かな

大人になりたいな
急にはやはり無理なので
そこはあきらめて
よりよく生きたいな

私の人生が幸せに終わるという大成功を
本当に望めるかということだ

勿論 私は 今 恵まれて 余裕があるから いったい 必要 で シンプル な ものを 見分けるのは なかなか 難しいが

メランコリックなひとのうみだした作品を見ていて

「よくひとにみんなつらいんだと言われるけど、みんながつらいのと僕がつらいことのなにがかんけいあるんだ、あ、愚痴っちゃった」

てのがあって
それは言い張ることでも開きなおることでもないけど
たしかにそうだ

ひとに迷惑をかけたり
依存したり
それを自己主張にするのは好まない
してしまってる気がするけど

昇華させることができればな
そしてそれを真に自分が必要とすることを
望む
posted by nico at 11:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月12日

眠い

ねむい の こんとろーる が むずく あらぬ時間にあらぬところで眠くなる

ありえないはなしだがさっきありえないところで寝てしまった

まさか寝るとは
だらりんちょ
でも布団じゃないところが最近よく寝れるかも

電車がすごいいい
今日はいい天気すぎて暑いです

やーちょっとがんばるか
posted by nico at 13:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月09日

ショック

ビックリシタ
詳しく書くのは憚られる気がするので
何にびっくりしたかは おいといて

あの本に載ってはなし 読んで 全く彼女は正しいのだと思った

自分がせめたてられていると思うほど 正しい

そして確実にそれに対して
きっとそうであるべきだ と思った

本当の本当で極端なこと

言い表せない、
posted by nico at 23:49| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月08日

づーつー

頭が痛いのスケ
なんじゃこりゃ

信用してしまうひと→伏見憲明
好きになってしまうひと→松沢呉一

今日は天気が良かったねー
化粧するのいやんなった
しない

ずっとジャージがいい
動きやすいから
posted by nico at 20:53| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月06日

カラフルグリッター&スーパーエンジョイブルBLUE

彼女の名前はSにしよう。
S。S。S。なんでもいいがSにしよう。

Sは水音を錯覚して夜中に目を覚ました。
真夜中の蛇口を知覚した。
目の前には彼女を誘惑する、鮮やかなブルーの目を持った、影があった。
ひとりで寝たはずなのに、ああこれは夢かしら。
彼にカレーライスをもてなしてみた。
彼は喜んでそれを食らった。
「どうもありがとう、ご馳走様でした。ねえどんな喋り方があなたは好き?」
「お粗末様です。私の名前はSよ。Sって呼んで下さい。例えばどんな喋り方があるのかしら?」
「俺、僕、私、」
「あなたのお好きな喋り方でどうぞ。よろしく。そして名前を教えて下さい」
「名前はR、て、呼んで」

二人はネンゴロになってみた。ニャーニャー。そこらへんはご想像にお任せします

ところでSはRに恋してしまったようだ
「好きなの、好きになっちゃった、証拠としてこの胸の鼓動を・・・!」

ところでRは実は宇宙人でした。
「俺は宇宙からやってきた王子様。地球旅行に行ったまま帰らないハニーを探しにきた。宇宙人は自在に姿を変えられる、だから、ハニーが今どんな姿なのかわからない。ハニーは俺から逃げているのかもしれない。どこにいるのか何してるのかわからないわからないわからない」
伸ばした手の先は低い天井を指している。
S「ねえ姿を変えたハニーをどうやって探すの?」
R「実は方法がある。セックスすると分かるんだ。」


「私はハニーじゃなかったでしょ」「違った、だから。」

ばいばーい。
バイバイ、

RはSの目の前から消えちまいました。

*********

Sは商店街の角でドキドキしていました。
「恋=ドキドキ&キュンキュン=興奮≒性欲   かあ」

違う どうしていいかわからない Rにひとめ 会いたいなあ

Rがあちらから派手な服装で颯爽と歩いてきた。すれ違うとき、RはSをチラリと見た。
商店街の角は無音。Rはそのまま未来に向かって 歩いていった。

●Sが学んだこと

Rはハニーちゃんを探している→そのために手当たり次第出会って誘ってSEXする→Rはハニーちゃんを愛している、というやつかもしれない→とにかくハニーちゃん以外はポイだ→Sはハニーちゃんじゃない→もう興味もない→SはS以外の誰かになればRともう一度出会えるのだ

出会えるのだ!
「うふふあはは」

Sは幸いにも頭が悪かったので 恋が叶う ことを望まなかった、考えもしなかった。

****************

Sは全力投球、身を売り時間を売り家財を売り犬を捨て、お金を作った。
そして外見を全て変えてみた。整形手術ってスゴイんです!という特集のTV番組から出演依頼が来たりもした。

***********

SはRを探し出した。すなわちまた出会った。
Sは何回も姿を変えた。何回もRと寝た。

会いたいなあ 好き 好きみたい

Rは会うたびに姿は変わらぬが変わっていた。

***************

Sは少し疲れて路上で駅前でぼんやり眠ろうと人を見ていた。
繁華街の通りからサーカスの象が華やかにやってきた。

ピーヒャラドンドン

 ♪
   ♪
ピエロが右側で太鼓を叩いていた。
Rだった。
彼を眺めるとため息が聞こえた。
初めてSは彼がハニーに恋焦がれて捜し歩いていることを体で、痛く感じた。





***********************************


Sは年をとって家政婦をしてみた。
訪問販売員が来た、Rだった。
Rの姿は変わらない。
Rの声は変わらない。
Sはすっかり正体不明になっていた。
初めてRと会ったSはどこにもいない。

どうしてだろう、まだ、胸がドキドキするなあ。
好きなの、好きなの、好きなの、

また出会ったわけだ。

*******

Sはもう死んでしまった。今は幽霊になって屋根の上にいる。
そうして今度は自在にRを探す。
でももう出会えない、彼には幽霊が見えない。
現在もRは変わらぬ姿でハニーを探している。
今は数学教師のふりをして地球にまざりこんでいる宇宙人だ。

*************

これからいつかこの世で、幽霊が入れる人間のいれものが開発されるかもしれないでしょう
だからわたしね、気長に屋根の上にいるの
Rのハニーはどこにいるのかな
暇つぶしにそんなこと言ったりして

今日も良い天気です

どうしても、とにかく、好きなの
なんもいらないけど、なんだろう



未完成
posted by nico at 02:58| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月05日

●●○●you don't get me

欲しいもの
は全部手に入ったね
それに 「君のおうちの小鳥」は美しい声で歌うね
でも

わたし(me)

は手に入れないね

きみは

世界の七不思議

を 見てきたんだってね!
なんと君の小鳥は緑色    なんだってね

でも
わたし
はみえないんだね、

たくさんの 扱いづらい 高価な 宝物 を 重く 感じたら


ちょっとこっち(此方の方向)を向いて、ごらんよ
そうしたらなんと

わたしが君のそばにいるんだよ

君の小鳥が壊れてしまったら   悲しくなるのかな
さあどうかな、目が覚めてしまうかもよ
目が

   わたしはいつも君のそばにいるよ

ありとあらゆる全てのすべての 音 を 聞いたんだってね
それに「君の素敵な小鳥」はスィングするんだってね


ねえねえでもわたしの声はあなたには聞こえない、
きこえない



笑い声笑い声口笛口笛

×
×
×
×


で、きみのかわいい、ことりは、うたをうたうことができる
それに君の小鳥は歌をうたえる
[And Your Bird Can Sing/LENNON-McCARTNEY]
posted by nico at 23:35| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

pppppppppppppppppppppp

her majesty

今日で世界が終わりますよ、とニュースのアナウンサーが機械の喉でつげましたよ。
あのことあのこは田舎のセーラー服二人組かわいい自由な女の子二人、沈む夕陽の帰り道、ふざけながら、手を繋いで歩いていましたよ。沈む夕陽の帰り道。
「明日ね、バイバイ。」
「そうだね、あはは、バイバイ。」

Lovely Rita


誰になってみたい?
「Rita」
それは誰?
「Beatlesの歌の中に出てくるおんなのこの名前」
その歌が好きなの?
「大好きなの、大好きなの、大好きなの」

彼女は好きで好きでたまらない気持ちをどうすれば良いのか分からず、ピアノを買ってみようと思いました。なぜならその曲の間奏のピアノの音が素晴らしかったから。ピアノ、ピアノを買うにはお金がいるよ。そして大きな部屋が必要だ。彼女は懸命に働いてみた。
「あの曲が好きで好きで聞いているだけではどうしていいかわからなくなるの、でもどうしていいかわからないよ。」
彼女は朝も夜もRitaのことを思ったけれど働くことが楽しくなって、そうしたらRitaのことも忘れ始めたよ。



今では彼女は小高い丘の一軒家に住んでいて、その家は彼女の亭主が建てたものだ。
彼女は三人の子供を持った。子供がある日「ピアノが欲しいよ」と言った。子供がある日「Beatlesという古いバンドの音楽が素敵だよ」と言った。彼女はピアノを買おうとしていたことを思い出した、ような気がした。ラジオからあの曲が流れたとき彼女は目玉焼きを焼いていた。あのピアノを聞いた。ポールマッカートニーの声が不思議だった。ある種の感動が彼女の胸を動かしたが、手に負えなそうなので現実を見た。
「好きで好きで好きで、しかし、私は何を成し得たいか、忘れたまま幸せになってしまった。違う、今でも全く分からない。苦しいなあ。」
彼女はなんでも持っている、恵まれている、欲しかったものは忘れてしまって、幸せに晩年を送った。


手が、手が、届かない、消えてしまうわけがない、あの彼女のそれは、Rita、Ritaになりたいのかなピアノを弾きたいのかな、さあここで人類の素晴らしい発明品、変換コードが姿をあらわすのかな。

どこにいくのかしら、きえゆくわけがないのだ
それは手には触れられないが、何よりも感じるものなのだ
posted by nico at 21:36| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「       」怒るなよ

究極にNEEDする。
私に今究極にNEEDなものの名前がはっきりと分かったので
あそう なんかいけそうとふと目が開いた
でもあともう少しだろうか。
これは私の中の問題だ。私のことだ、表に出すものは「〜であらねばならぬ」私は図らずも評価が欲しいとか。

私になんか全く向いているわけがなかったのではないかしら。
自分を守り且つ生きる。そうするだけでそもそも命の大切さを歌うのは保身です、
理由がわからないの 自分の中でも、
運動したいなぁ、でもなんかもう騙されてるみたい、踊りたいなぁ、でも踊りたいなんていうのやだ、だって「踊りたい」なんて騙しているみたい、ただ嫌だなぁと思うそれだけ
つまんない自分も自分を醜く思う

×××

all you need is love

簡単なことである と言ってみるのは 可能性を信じる 自分の または 他人の 素晴らしい はずである なんかいいよね と言って 変換作業する 日常 そう イメージを 自分の 何かに 変換する 作業 だから 信用なんて 「愛なんて」というひとも 「愛こそは」なんていうひとも とにかく よくわからないのだ

×××

come together

虹の妖精が君に語りかけるよ
見てみたら分かるよ、空は今日も綺麗だもの
虹なら良かったなぁ
何より分かってないのは自分だけれども
人の素晴らしさは感じた上で
自分は素晴らしいといわれることなんてできない
しかし自分は素晴らしいといわれてみい


違う 落ち着いて 大事なことはなんだどこだ
違う NEEDはなんだ

そうだ
表現なんて言葉



なんて言葉だ

言葉の話は先が無い



×××


なんかだめだなぁ 文章でも書けないすっきりしない 且つ、つまんない













posted by nico at 21:05| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(         )

今の私が文字で書くラブレターを
少しでも手が届くようにと思うことが少しでも伝わりますように
伝わる≒奇跡である


人に嫌われるレッスンだ
愛という概念をもっと素敵にする基礎練習だ

いや

ジョンレノンの歌うラブ&ピースを無意識でハッピーに変換できる素質はやはり素質だ
そしてそれはマジョリティーでもある/人間の可能性が見えるよう

●完全なる肯定も否定もやはりNOであるいやcannot understandである●
「あるがままのあなたでいいんですよ」
ああ意味がわからない

一生じゃ足りない。私は頭が悪い。相当に悪い。人の話す言葉が年をとるごとに理解できなくなってくる。自分の話す言葉も、意味がわからない。

しかし私の抱える問題でも実は無いように思う。

食欲性欲これらを霞み無しで快楽に変換す できるのか 霞みとはなんだ
言葉なんて分からない 私が作ったツールではない しかしあらかじめ用意されていて私がneedするようになったツールである。

×××

 彼女はそのとき歩いていた。考えながら歩いていた。
「デートの日には花柄のワンピースを着るわ。綺麗になって彼と手を繋いで歩きたいな。」
月が彼女に問い掛けているような美しい夜空。
「君はとても幸せな可愛い女の子だね、そうしてその後彼と食事に行くのかい?」
「それもうっとりしちゃうわ、でもね、買ったばかりのワンピース、ウエストの辺りが苦しくて、だからお茶でも飲んでバイバイがいいわ。」
「君はとってもチャーミングだね。素敵な考え方だね。」
「どうもありがとう、私あなたのことも好きになっちゃいそうよ。」
「じゃあ僕の部屋においでよ、ねえ、手を繋いで、キスしてみたいよ。」
「あなたは月に見えたけど、実は宇宙人なのね?」
「いやいや月だよ、じゃあ君はいったいなに?」
「私はアイデンティティのお話嫌いなの、精神的な抽象的なお話嫌いなの、もっと素敵なのがいいわ、レコードでも聞きたいわ。」
「勿論なんでも、思うとおりにしてあげる、君のこと部屋に呼びたいよ。」
「いつでも?」
「いつでもって言って欲しいんだね、可愛いバカだね。」
「あらひどい、もう一回、言ってみな。嘘よ、今の嘘よ、そうよ、私は可愛いバカですから今晩抱いてくださいな。」
「分かりやすくて反吐が出るね、さあ、手を伸ばすよ。」
彼女はその手を掴もうか掴むまいか考えた。
「ああ、今、あなたのこと好きになった、手を握るわ。愛してる。」
月と彼女は言葉で愛しあってみた。


×

「グッドデイサンシャイン」

時間が足りないよ。一生じゃ足りないよ。だって私休憩時間が多いから。休憩時間を必要としているの。贅沢者なの。そう誰かと比べれば贅沢者。比べるのが好きだね。「人と比べることじゃない」って、ある局面でだけ都合よく心地よく使ってるのね、先生。

YはXのこと好き。XはYのこと好き。二人とも疲れていたのでしょうか。お金も無くはいし、時間も無くは無い。心中した太宰治の悪口を並べ立てる程度の時間はあったようです。
X「ねえねえYは私のどこが好き?」
Y「分からないよ、でも好き。」
X「例えば私のどこかが欠けても好き?変わっても好き?」
Y「好きだよ。」
X「ほんとに?ほんとに?じゃあ例えば・・・。」
XはYに自分を削るように頼んだ。それにYは応えた。証明が、確信が、必要だ、頭が少しおかしくなっていたんだね。

果たしてYはXのどこが好きだったのでしょうか。答えは実は分からなかったのだけど、YはXが無くなったことにひどく悲しんだよ。無くなった、無くなった、失った、いない、いない、無い、無い、無い、激しい後悔だ。でも無い、無い、無い、その悲しい確信を得て、Yは果たして満足したかな。美しくもなんともない話。しかし分かったの、Yは、Xがいて幸せだったんだ。




忘れられない場所があるよ。違う、どこもかしこも私は忘れられないの。
それと同時に耳から砂のように忘れてしまうのだけれど。
そうです、忘れられない素晴らしさにあこがれてしまうのです。
あなたの手をひきぬいてしまいたいと思ったときに見た天井です。
もう忘れてしまった。


本当のことを書きます。
無駄だって言わないで言わないで言わないで言わないで斜めから見ないで見ないで見ないで
もう頭が考えることを拒否しております!
理想像が見つかりません!



すなわち


posted by nico at 20:32| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本海がどうした(BlogPet)

今日いやらしい佐渡とか、ウェディングドレスでも着せてやりたい
なんて思ったもんだよ、アイラブユー、ハニー俺のこの俺は佐渡が島まで歩いて左にまっすぐまっすぐチャリで10分で海
ニコリンたちが島まで歩いて行ってくる!
ハニー俺の愛した女よ!
金があれば白い家に住まわしてやるのに非現実ーー私のこの俺はキミを貰えない、養えない
ある意味での証明としてウェディングドレスでも着せてやりたい
とか思ってるの。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ニコリン」が書きました。
posted by nico at 09:06| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月04日

あたい

あたい
電車のまんなかで仰向けに寝転がってしまいたい
気分なの
結構ずっと

見栄よりも気持ちをかたちにあらわせないせせせめぎあい

とか
ありますなー

やっぱりほんとに
ただのあたし
著・オノヨーコ
にならないと

あたい
ストリップもできないわー
かか悲しい。


あああたいってクライなあ。ククククライ



もー素直に投げ出します・か?

多分私はほんとに
このまんまね


そこからやり直したいな

そうです私は

××で××で××な優等生です。

開き直る訳でなく自分はこれ

とにかくテンション上がりも下がりも苦しい

絶対今日はなんもしなくていいよ!
て誰かに言われたいなあ あ、言って貰ったのに予定があったんだよ。むふー なんじゃろなー

まま そーいうわけにはいかないので そーいうのは自分できめるわけ


みんな自分できめてたのかー

偉い!すげー。今初めて気付いたよ!

あたい
劣等生でかまわない
てかまわなくないからさー
でも
劣等生て全然かっこいいなー

ああ
あと二歩、三歩くらいでなにか開くかな んー


ひとにたよらず
がんばりのきく
しんせつなこども

おーこれうちの小学校の標語

判定されないところで うふ ラブでハッピーなとこいきたいな

ごみんなさいー

noていうなら、ゲロふっかけてさよならだい!

んなことしないよ、
posted by nico at 22:24| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

問題集・終

とりあえず今晩は修行。
posted by nico at 18:12| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月03日

私は何も考えない

何もなし得ていない

果たしてそれはいけないことかい。

台無しにしたら0点になりますか。
0点になった彼をどう思った?

YOKOに対する不信感で朝四時半に目が覚めた。
でもそういうことじゃないのはわかるのさ
YOKOは頭が良いでしょ

ただ我々が彼らの策略に乗ることは無い
しかしなんてクリアで悪意の無い
いやよく考えたらすごい
白に出会ったインパクトで充分だ
なんて邪気なくひとの作品と向き合うべきであるよ
おそらく

JHONは素敵?
BEATLESに恋

本当のことは誰にも分からない

私が好きな




誰がバンビを殺したのか
他人から誤解を受ける激安なわかりやすさ
それを買ってみよう!
みんなが持っている主張を千円以内で手に入れるのだ!

買わなかったの
でもそれはどっちでもいいのさ
面白いか面白くないかだけ自分が

実際違うことのほうが興奮する
こともある

「Tシャツはメディアである」
ファッションはメディアである

ただ私は君のネクタイを見ないかもね



メジャー、メジャーが大嫌い
私をまさにはかる
数字で「合格」「失格」「資格」を感じさせてくれる
愛するメジャー
私はメジャーを馬鹿馬鹿しいと思うこともある
思えないこともある

完全にメジャー≒マジョリティ

好き嫌いでなく完全に恐ろしいもの

自分もマジョリティである
こわいこわい
こわいこわい

こわいと感じるのは自由である

落とし穴にはまらないためには
結局地道に自分で決めていくのだと思う

いや自分に決めさせる

貴方の現在点と私の現在点は違う

それもまた自由だ
ただ接点に希望を

恥ずかしい?恥ずかしいよ、バカ。
わたくしは
街を歩くだけで恥ずかしいよ。
指一本動かすことにも惑うよ
そう感じるのは自由。
人に言うのはリスクがある。
出さないでのちに持ち崩すのも
どちらも「私頑張ってます」のオナニーショーだ。
悪い?
だから私はひとつもイイもワルイも判定なんて、していない、はず
どっちでもいいよ
ILOVEYOU
もっと世界は素敵な夢を見せてくれるはずだ。
格言バイバイ。
のうのうと暮らす私は自分を含まない現実をまさに含まない
どんな人でも
分からないし勝手だ

ただ私は わからないことはわからなく

理想希望目標表に出すもの出るもの



さてさて考えないという練習です
格言さようならだ

むもくてきなわかもの とうきょうの おんなのこがしんじゃった そんなはなし

うろ覚え岡崎京子
私は悲しくなった
そこで私は充分生命力のある私
判定も決断も起こさせない
ただ それだけのもの
ひとことでいえば
なんにもない

この今まで私が書いた文章
他に私がオモテにだしたもの

点数をつけない

なにもないからだ

それが真実だから安心するのだ
自分の中に明確にあるもの
しかしそれは実在はしていないよ

彼女はあるもの全てで私に何かを与えたの







そういえば朝四時半に突然目が覚めた
日が昇ってないときに目が覚めるのは不安だ

不安

冷や汗だ

そういえば久しぶりに夢を見た
以前少しお世話になったショーパブの従業員にムラムラしてセックスしたいなあ
するんじゃないかなあしようとするんじゃないかなあ私は、というピンクな感じだった

ほらなんてこの部分はわかりやすいのだ ケッ

昨日はジョーストラマーの悪い歯並びを見てムラムラした。


posted by nico at 09:25| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月02日

NEEDがあってIがあるかIがあってNEEDがあるか

勿論正解は後者でしょうか
しかしIは形なのかそうでないのか
考え方としてどちらが好きでしょうか
今日も遅刻です
遅れてきた青年
今日も天気が良いね
私の
夏の日の午後も
青春も
遅れて届きます
しかし
この先は現在です
ねがわくばフリーです
私の持っている自由
posted by nico at 10:11| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。