2006年01月16日

たくさん書いてみようとか?

私はすごく我が強くて頑固で
正直に言って
他人に対する不信感と依頼心で酷く頭がきりきり舞している。

だからかどうか、私は実は
「他人を取り扱う仕事」
をしている人びとがすごく苦手だ。

何回も書いているが 写真を撮る人 取材をする人
そういう肩書き、なんか苦手だし
勝手にダメージを受けて窓ガラスを割りそうになる
最近は
「他人にはなにも分かってもらえないのが基本の最低ラインだもの、落ち込んだり怒ったりしたくないもの」
と思っている

しかし私自身は他人を知ろうとか分かりたいとか全然努力していないので

あちゃちゃ
とも結構思う

ひとりになってつめていきたいのだ
誰にも期待しないのだ
と怒って
しかし怒らないと決め

とにかく跳ね除けているとは思う

そして今思ったのだけど

きっと私って意味わかんないし言葉の使い方も下手だし
なんつうか、嫌な人間なんだけど

私をもしかしたら本当に理解してくれようと、または、社会に通訳してくれようとする人って、いるのかもしれない、っていうか、それって、ありがたいことかもしれない。

ありがたい?ありがとう?

青臭いのでうまく言えないけど
私が本気で話して手を伸ばすぶん、
なにかを掴もうとしてくださったなら

私はそりゃもう、跳ね除けて頭の中でけちょんけちょんにして
ごめんなさいかも
くらい思うかも。


さっきからなんか変なテンションの文章が正直気持ち悪いですが

ブログというか文章というか
on time

で書いてみようとも
ええ、気まぐれにね

posted by nico at 20:09| 東京 🌁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロマンティックな鳩

情報が好きな妄想バラエティを可愛いと思えど
あまり興味は無い

情報世界の脳内はハッピーに繋がっているのかな。
全然そんなことなさそうなかわいこちゃんを目の当たりにして
でもチャーミングだからいい感じよ
と思った。

みんな疲れているのだわと昨今思う

そんな中ロッカーの隅にて
貴方は全身ストレスフルなオーラがでています
何故そんなに枷を作ってしまうのか
とても不自由に見えます
と綺麗な目で言ってくれた

最近よくそういうことを人に言って貰っている気がする
集計すると。

客観的な自分とは
なんだろうか


ところで私の恋人パートナーピアニカちゃん

二代目と今共におります。

一代目はピアニカのニカちゃん
二代目はピアニカのピアニコちゃん

ニカちゃんがラリッているので修理にと思っていたけど
あん。お金時間あああああああ
ということで、中国生まれでお手ごろなピアニコちゃんを購入しました。

で、TSの穴埋めがちょっとだけ運良くはいれたので、このお給金はニカちゃんの修理代にすべきなんだなあと思います。

今あたいにはかわいこちゃんが二人もいるわけです。LOVE!!

今日はホリディにした。

早朝夜の街から離れて、なかよ氏と一緒に朝ごはんを食べて貰った。
ちょっとした時間の贅沢な息抜きにつきあって頂いたのです

私にはあんまり「この人と一緒にご飯食べたいな」という相手(そしてそれに答えてくれるひと)がいないので嬉しいものだし
もっとそういうふうに思えるといいな

飯を食うのが好きな人ってよい。好きだ

おともだちとかなかよしっていいなあと思う



ちなみに私の親友は元恋人だ。大大大恋愛した

恋人でもライバルでも友だちでもなんでもいい、やっぱりこの人と一生関係していきたい
し、それができるんじゃないかと思う

そう思える今の状況環境他人と自分自身そしてあのこに感謝する

恋人関係解消したらもう会わないとか嫌いだ!なんて絶対ありえないと思う

自分は好きな人の「いちばんちゃん」でいたいと狂おしく思うけど
でもそういうのは叶わないし多分現実的じゃないと頭と体に叩き込んだので

最近は本当に

ああちょっと覚えていてくれたら嬉しいもんだと思う

頭の中のワールドのワードはひとことで言うと

お花である

お花になりたいもんだ

ただそこにあるちょっとステキなものって
最大級の理想かもしれない



ちょっと後半メルヘンチックすぎましたね。
欲は強ければ強いほど良い
んだとも思いつつ
posted by nico at 19:38| 東京 🌁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。